諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は、
「ヤマト:過大請求問題」
についてのお話です。




■経理が話す「ヤマトHD:過大請求問題」

Q.経理ってどんな仕事をしていますか?
A.会社の財務諸表を作っています。
様々な会社で経理の仕事は
若干の違いがあるものの、
この回答部分は共通した仕事ではないでしょうか。

上場した会社の場合は、
その数値を第三者機関である
監査法人からチェックをうけ、
世に発表します。
だからこそ私たち経理は
漏れや間違いは許されない。
いつも心が疲れます。。。

●そんな中、発生した不祥事

先日、クロネコヤマトで有名な
ヤマトホールディングス内で
過大請求が発覚しました。

当初は17億円という話でしたが、
最終的には約31億円にも到達するようです。

私はヤマト内部のことはわからないので、
実際の経理運用に関しては私の想像ですが・・・
ヤマト程の企業になれば、
取引数が大量にあるので、
請求書一つ一つチェックして、
仕訳をきっているとは思えません。
大量のデータから仕訳をきっていると思います。

そして、そのデータが正しく作られていると
信じて経理は処理するしかない。
おそらくそのシステムすら自社開発、
もしくはオーダーメイドでしょうし。

きっと、監査の前に経理自身で
数値の分析をしていると思います。

でも、顧客との契約書など
取引確定した金額が分かる資料があるなら
経理は異常だと気付かない。
それでも、過大請求と発覚したら
経理なんてめっちゃ怒られる。

社長たちの顔に泥を塗るようなものだから。

今回のヤマトの件は組織ぐるみ・・・
みたいな話もあるようで
ちょっと違うかもしれないけど。。。

こういった問題・事件を聞くと、
データや根拠資料に虚偽がないかどうかも
見抜かなければならないのが経理なんですよね。

事業にそって自分で理論をつくり、
それに沿わない場合は異常値として調べていく。
これも経理の仕事。

同じ経理として31億の過大売上なんて
聞くだけで恐ろしい話ですが、
こういう話を聞くと我が身も引き締まりますね。

今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】