諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回も引き続き、
「外部への業務委託」
についてのお話です。




■経理が話す「業務を外部に委託したときの話:後編」

前回は、外部プラットフォームへの出店の際、
複数社の運用実績があり、
勝手知ったる外部の企業に
そのプラットフォームの運営を
委託することになったという話をしました。

業務が始まる前段階で、
経理側が会計・管理に必要な情報を
確認していったのですが、
その質問に回答出来ない担当者、
という状況。。。

ただ、これは管理関連のことなので、
実際の運営委託が始まれば、
問題無いはず、、、
と思っていたところまでが前回です。

今回は、実際に運用が開始してからの話です。

●やはり、最初に感じた通りだった

私の会社は、BtoCのネット販売の場合、
出荷で売上を計上します。
また、このプラットフォームの特性上、
クレジットカードの場合は
出荷してから人の手で決済するんです。

委託先企業としても、
出荷作業や決済作業は
他の店舗でもやっている事だし、
大丈夫だろうと思っていました。

フロー確認の際も「毎日必ず行います」
という言葉があったので、
「ふむふむ」と思ってました。

ですが、運用が始まってはや4ヶ月。
出荷しているのに、受注データに
出荷日を入力し忘れている。
これは売上が漏れてしまいます。

出荷したのに、決済を切り忘れた。
これは顧客からお金が貰えません。

決済をきったのに、
受注データに決済日を入れ忘れた。
これは不明な入金が発生してしまいます。

郵送方法が変わったのに、
顧客に送料を請求し忘れた。
これは送料(お金)がもらえません。

等々、毎月不備のオンパレード。

「え、運用得意じゃなかったの??」
「だからお金もらってんでしょ??」
と心から思います。

もしかすると、
上場会社からは委託されてなく
「なんでもいいよー」って
会社から委託されているのか?とすら思います。

もしくは、大規模な売上の企業体なので、
この会社に委託している程度の
売上は重要性が低い為、管理が甘いのか。

やはり、上場企業だから厳しいのか、
うちの会社が厳しいのか。

正直、前者が有力かなーとは思います。

こんなことをやっていると、
自分では普通と思っている事が
実は上場企業だからこそ、
気にしている独自の内容かもしれない
と思うようになりました。

にしても、この会社はちょっと酷いですが(笑)。

今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】