諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「働く意義」
についてのお話です。




■経理が話す「なぜ、その会社で働くか」

この報告をご覧になっている
諜報部長はどんなお仕事の人が多いでしょうか?
やはり経理の人が多いのかもしれないですね(笑)

東京や仙台、福岡などいろんな場所で
読まれていると嬉しいです。

たくさんの人がいて、
会社があってみんなそれぞれ働いている。
諜報部長は、なぜ今そこで働いているかって
改めて考えることありますか?

私はあんまりないです 笑

ただ、答えまで考えなくても
東京のビル群を見ると
「こんなに会社があるのになぜこの会社なのか?」
という思いに駆られることはあります。

●思いふける理由

先日転職していった
元同僚と久しぶりに会いました。

なんかとーっても大変そうで。
自分が転職した時を思い出しました。

その人は経理ではなく法務で、
同じく管理部で働いていた人です。

その人が務める新しい会社も
旧勤務先同様上場しているのですが、
話を聞くと同じ経理でも
全然違う仕事をしているようです。
その会社の経理は本当に月次を締めるだけ、
という状況みたいです。

私の会社はというと、
月次を締めるのはもちろん、
事業スキームの相談対応や
経営管理業務も行っています。
何から何まで一人でやっています。

これがあるから、長期休暇なんて取れないし、
朝から晩まで働いています。
正直辞めたいなーって思ったこと何度もあります。

でも、私は経理という枠にとらわれず
いろんな業務ができる会社がいいんだなー
と改めて思いました。

非上場と上場は違うと思ってはいましたが、
上場会社でも会社によって
経理の仕事も幅が違うんだなーと改めて思います。

なぜこの会社に居続けているのか?
って考える機会少ないかもしれませんが、
ゆっくり考えると明日から頑張れるかもしれません。

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】