諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「決済データの管理」
のお話です。




■経理が話す「決済データの管理」

以前お話しさせて頂きましたが、
いまどきの経理はデータを取り扱うのもお仕事です。
私が経理になりたての時は
そんなイメージなかったですけどね。

今の世の中、ネットで買い物をするのが
当たり前になっていますよね。
だれでも1度はお買い物を
したことがあるでしょう。

ネット通販の世界では、1分1秒毎に
たくさんの決済がきられています。
それは膨大なデータです。

経理としてはお金を管理する為に、
そのデータが
「いつ」「どの時点」で
生成され、決済がきられて、
会社に入金されるのか仕組みを理解し、
不良債権になっていないことを
確認していかなければなりません。

それにはどんなシステムを構築し、
あるいは購入し管理していくのかも
考える必要がありますよね。

そんな中でちょっと面倒だなぁと
実感した事があるんです。

●面倒だと思ったのは・・・

ある会社は商品をカートに入れて、
決済ボタンを押したら、
1つレコードが生成されて、
個別コードが割りふられる仕組みでした。

なので、受注データや決済データなど
様々なデータを見ても、
1つの受注に1レコードしか存在しないんです。
これって債権を管理する側としては
とても楽な管理の仕組みでした。

ですが、別の会社は、
商品ごとにレコードがふられます。

コレのなにが面倒って、
1つの決済に1つの個別コードが割りふられるのに、
商品ごとにレコードが生成されるので、
その決済の個別コードは、
もはや個別コードではなくなるってことです。
顧客が購入した商品分の
レコードが存在してしまうんです。

債権管理を行う上で、受注データには
いくつか分からないけれどレコードがあるが、
決済データには1つ存在する。
これをされると、差分が発生する可能性が出てきて
その時に何万レコードとある中から、
その差分を見つけるのはかなり至難の技になってきます。

商品毎の販売実績等を考慮するような
経理以外の利便性でこのようなデータ保有方法と
なっているのだと思いますが、
経理としては、非常に大変なのです。。。

もし、諜報部長がこれから決済データの仕組みを
構築する立場なのであれば、
是非システム構築の打ち合わせ段階から
経理も参加させてもらえると助かります!

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!