諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は
「人それぞれの当たり前」
についての続編です。




■経理が話す「人それぞれの当たり前~続編~」

今の会社に勤めて約5年になります。
あっという間にすぎていったなぁっという実感です。
ただ、最近とても気付かされる事がありました。

M&Aをしたお話は以前しましたよね。
買収先の会社の従業員さんと
お話していると驚く事が多いんです。
何がって当たり前が違うんですよね。

●違うルール・価値観

他の子会社の方々とお話ししてると
ぽんぽん進む話が全然進まないんです。

今まで非上場の数人でやっていた会社なので、
上場会社の様に守らなければならない事も
必須ではなかったんでしょう。

だから、私たちは当たり前の単語でも
彼等からすると専門用語を並べられている
という感じでわからない事
だらけなんですよね。
分からない事が多いから
何を質問していいのか分からない。
だから、話が進まない。
という状態なんだと思います。

正直、忙しいときだと
イライラしてしまいます。

●当時と比較する

でも、冷静に考えると
私も入社当初は分からない事
だらけでした。
きっと同じ様な状態だった
のではないかな、と思います。

入社した時の自分を考えると、
5年間たくさんの事を学ばせてもらいました。
以前勤めていた会社は、
非上場の会社だったので
法務とか内部統制とかありませんでした。

印鑑には実印、契約印、角印、銀行印ってあること
なんてなんとなーくしか知らなかったですし、
契約書だって自分で結んだこともなかったから
文章もよく分かりませんでした。

人間って無意識のうちに学んで、
優しい諸先輩方に教えてもらって、
そうやって理解していって、
いつの間にか当たり前になってた
のだなぁと思います。
当たり前って思っちゃいけないよ
って改めて気付かされているのか
と思いました。頭が硬くならない様に
しないといけないですね!

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!