諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「中途採用者」
についてのお話です。




■経理が話す「中途採用者あれこれ」

諜報部長の会社では、
中途採用者って多いですか?

私は今の会社に中途で入って早5年。
もう前の会社のことは
ほぼ忘れてきてしまっています。

最近改めて感じることですが、
中途採用って大変だなーと思います。
私たち経理は特に感じます。

最近の事業拡大に伴い、
経理でも中途者を4名ほど採用しました。
前置きとして、こういってしまうと
非常にエラそうで大変申し訳ないのですが、
人のレベルって本当に様々です。

非上場にいた人。
上場会社にいた人。
がっつり経理業務をしていた人。
経理事務しかしてない人。
本当に様々です。

ただ、前職では1人で月次を締めてきた!
という人のはずなのに、いざやってみると
間違えだらけだったり、
基準を理解していなかったり。。。
と、結構基本的なところから
教える必要がある人が多いです。

「前の会社ではこうでした」
と主張しされますが、
前の会社がどうかは関係ないんですよね。
※厳しい意見でスイマセン・・・

会計基準で考えた時に
どれが一番適切かを考える事が大事なんです。

今まで「前任がこうだったから
この処理をしている」という
意識でしか仕事をしていないと
こういう考えになるのかなーと思います。

この考え方って
経理歴の長さに関係ないんだな。。。
と一緒に働いてると思います。

経理歴が浅くても、
自発的に考える人はすぐに成長していますし、
上司等周りからも評価されます。

ただ、歴が長くても、
言われた指示通りに
業務を行うだけという人は
・・・という感じです。

私は経理としてでしか転職をした事がないし、
迎えいれた事もないので
他の業種が分からないですが、
転職者を迎え入れる立場として
様々なことを学ぶ事が多いです。

自分が転職することや
今後の仕事にもこのような機会で
改めて思うことは大事だと思いました!

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】