諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は
「経理としてのやりがい
についてのお話です。




■経理が話す「経理としてのやりがい」

私の報告を多くご覧になっている諜報部長であれば、
経理のイメージが違ってきているかなーと思います。

とはいえ、私もまだ経理として
2社の経験しかないので
他の経理がどんなものなのか、
経理が現場とどれくらい近い存在なのか
よく分かっていません。

もしかしたら、
諜報部長がお勤めの会社の方が
距離感が近いかもしれませんね(笑)

ただ、私も営業部に
在籍していたことがあります。

その時は経理とかかわったことは一度もなく、
経費精算を申請する部署
としか認識していなかったですね(笑)。

実際、今もかかわる人は
一定の人に限られていて、
全く関わらない人も、
経費精算のときにしか関わらない人も多いです。

名前は聞いたことがある
けれど顔をしらない、とか。

そんな人からすると
経理って黒い腕袋をして
電卓片手に働いている
おじさん・おばさんな気がします。

でも、実際はそうじゃない。
最近はそんな仕事に楽しみを覚えてきています。

●楽しみ・やりがいのある仕事

一番楽しみを感じるのは、
やはり新規事業に携わること。

役員から
「新たにこんな事業を始めたいと思うが、
経理・監査・税務的に問題ないか。
どうすればシンプルな事業となりうるか」
という相談を受けるとき。

私の経験不足もあり、
会計の本を片手に
税理士先生にも相談しながら考えます。

私の会社は全社集会という
子会社も含め正社員が集まる会がありますが、
そこで社長から新規事業として
従業員に発表されるときは、
テンションあがりますよ!

もちろん、事業報告を
従業員や株主に発表するときも、
私たち経理が作った数値を
比較し分析した資料を発表されるときも
テンションは上がります。

これをやりがいというのでしょうか。

月次を締めるという
地道な作業もありますが
同時に裏方として
事業を考えることも
私たち経理は行います。

もしかすると会社によっては
経営管理が行う場合もあるのかもしれませんが。

経理ってとても地味な仕事ではありますが、
華やかなお仕事の裏側も手伝っているのも事実です。
社長に近い場所で事業について
お話しできるのも経理のいいところだと思います。

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】