諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は
「監査担当者の目線
についてのお話です。




■経理が話す「基幹システムの改善」

新しい年が始まって1ヶ月が経過しました。
経理としては、一旦業務が落ち着き、
日頃手が回っていないところを改善して行こうか、と思う時期です。

日々決算や新しい事業を始めるよ!
という相談に追われる事が多くて、
なかなか改善に手を回せていない事、
皆さんも多くないでしょうか?

下半期になると、本決算に向けて
監査も慌ただしくなるので、
私が勤める現在の会社だと
2・3月くらいしかこのチャンスってないんですよね。

で、今、私が進めていこうと
思っているのが基幹システムの改善。

基幹システムって事業を始めた時から使って、
改修を繰り返す事が多いと思うのですが、
基本的にはお客様へより良いサービスを
提供することを第一優先に改修が動きます。

・・・なので、管理的な改修は後回しとなりがちです。

もちろん現場には、
管理的な観点でどのようなデータが必要なのか?
どのようなデータの持ち方をする必要があるのか?
そんなこと分かる人っていないんですよね。

だから、定期的にスキームの変更点を確認し、
今の基幹システムで適切な会計処理が
出来ているのかを確認し、必要な箇所を改修してもらう。

で、改修したシステムで
適切な処理ができるのか検証し確認する。

これを怠ると、管理は気がつかない間に
適切な処理ができていなかった
という恐怖が発生するんですよね。

面倒ですが、目先の業務に追われているときは、
こういったことを検証する時間もないので、
少し余裕のあるこういう時期にしかできない
大事な経理のお仕事です!

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】