諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は
「年始決算業務の忙しさ
についてのお話です。




■経理が話す「年始決算業務の忙しさ」

1月になり決算の作業が始まりました。
年末年始のお休みがあったこともあり、
最初からかなり大忙しの日々です。

もうこの生活も6年目ですが、
決算の中でも最もバタバタするのが
第一決算です。

本決算で落ち着いく暇もないまま
年末になり、第一決算に突入です。
準備する暇もないですよね。

しかも、私の担当する会社は
小売も卸業もやっているので、
12月は年末商戦で稼ぎ時。

小売のチームは色んなイベントを
様々な土地でやっていて、
クリスマス過ぎまで
営業の皆さんは必死に稼ぎまくります。

卸売のチームは
様々なイレギュラー対応(笑)を
しまくって稼ぎまくります。

で、そのまま年末年始のお休みに入ります。

整理も何もできないまま
現場は決算を迎えるのです。。。

そして今、経理の私が数値を締めようとすると
そのイレギュラーが異常として算出されます。

そこで私は「え?なに?」と気がつき、
現場に確認したらイレギュラー対応した事を
伝えてくるんです。

「事前に伝えて下さい!」とお願いしても、
年末商戦で稼ぐことを優先にしているので
経理に伝えることを忘れてしまう。

決算の為、経理の私たちは
時間に制限があるなかで
より速く正確に締めを求められる。

なのに、締め中にボロボロと異常値がでて、
その時点で要因を調べていくため、
通常の倍以上の時間がかかってしまっています。

でも、稼がないと会社の収益がなくなってしまうし、
売上を上げるのは本当に大事なことです。

ただ、その裏で会社を保つ為に
支えて整理している人が
管理部にはたくさんいるんです。

実際、双方言い分がありますし、
うまーくシステムで解決できるのが
最高なんですけど、
ルールを決めて、それに則るのが
システム運用でもありますからね~

はい、忙しい中での
愚痴っぽくなりましたが今週は以上です。

また次週宜しくお願いします!
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】