こんにちは!諜報部長!
税理士紹介サービスを営む、諜報部員のSです。

さて、今回も前回同様、
「2017年末年始版 
最近増加中のお問合せ」
というテーマでお話を進めていきます。

この年末・年始というのは、
弊社が行う税理士紹介業において、
1年の中でもお問合せが増加する
ありがたい時期です。

ただ、毎年お問合せが増加する、
といっても、年ごとに頂く内容の
傾向が若干変化しています。

ということで、最近増加している
お問合せ内容について
お話を進めていきますが、
もし、下記内容にご自身が該当する場合は、
税理士への相談・依頼を進めるか
どうかの一助になれば幸いです。

■2017年末・年始版 最近増加中のお問合せ-②雑所得の増加

前回はビットコインをはじめとする、
仮想通貨関連についてのお問合せに
ついてお話をしました。

急激に価値が上昇したので、
多額の利益を出した方がいること、
税務署側の情報通達により、
納税・申告についてある程度の
ガイドラインが決まっていること、
事前に対策をしていない場合は、
節税がかなり難しいこと、
今年の仮想通貨相場は税務署も
当然着目しているので、
絶対に申告・納税しないとリスクが高いこと、
こういった点についてお話をしていきました。

今回はこの仮想通貨関連と
少し似た内容になりますが、
「雑所得が増加した」という
内容に関してです。

●雑所得とは??

今までが会社員で給与所得のみで
活動されてきた方にとって、
確定申告はあまり縁がないかも
しれませんが、
確定申告をする際には、
所得を分けて記載する必要があります。
そして所得には、給与所得だけでなく、
事業所得、不動産所得、譲渡所得等、
多くの区分があります。

※国税庁:所得の区分のあらまし
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

そして、諸々の区分に該当しないものは
「雑所得」に分けられます。

主に該当するものとしては、

  • 公的年金等
  • 非営業用貸金の利子(個人的に貸したお金の利子等)
  • 本業(作家等)以外の人が受ける原稿料や印税
  • 先物取引、FX等で得た所得
  • アフィリエイトやネットオークション等の所得
  • ビットコイン等仮想通貨関連の所得

などが該当します。

では、何故この雑所得関連が
増加したことのご相談が増えているのでしょうか?

●増加の背景

サラリーマンの方でも、
給料以外の収入を増やす方法として、
年々色んな稼ぎ方が増えていますが、
今年に関しては、「仮想通貨」が
まず最も大きい要因です。

それ以外にも、トランプ大統領就任や、
EUにおけるブレグジット等、
為替の影響が大きくなる事象が多々あり、
「FX取引」でも利益を得た方はいらっしゃいます。

また、アフィリエイトや
ネットオークション等も
雑所得に該当するとなっていますが、
こちらの内容は、現段階だと
継続的に活動されている方も多く、
本業、つまり事業所得に分類できる程、
本格的にやっている人たちが多いので、
ここでは話を省きます。

●雑所得が増加すると・・・

でも、収入が増えたなら、
純粋に申告・納税すればいいじゃん!
という話なのですが、
雑所得の場合はそこまで割り切るのが
厳しい事情もあったりします。

理由としては、
他の所得と「損益通算できない」
ということが最大の理由です。

先物取引・FXに関してはそもそも
申告分離課税(※)の方式なので、
税率は決まっているものの、
損益通算できないのは同じです。

※国税庁:申告分離課税制度
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2240.htm

要は、他の収益で損失を出しても
相殺できない為、雑所得で利益が出たら、
確定してしまうわけです。

●法人化を検討するようになる

ただし、この雑所得が相殺できないのは
個人(並びに個人事業主)の話です。

法人になると、(最終的に)
通算出来ない損益はありません。
法人には定款で設定されている
目的(事業内容)が存在するため、
基本的にはその活動から生まれるものが
本業(売上高)であり、それ以外のものや
派生する収入は営業外収益として
分けて記載はされるものの、
最終的な利益・所得、
そして税額計算時は全て通算されます。

個人と法人ではこういった大きな違いが
存在するため、今まで個人事業者等が
法人化を考慮するときは、
売上高増加による消費税考慮という
場合が多かったのですが、
雑所得に分類される所得が
今後も増加しそうな方に関しては、
そんな所まで待っていられない!
ということで、法人化をすぐに検討します。

そして、法人となると、
自分だけで申告等を進めるのも
困難になりますし、
個人と法人で財布が分かれる為、
節税策も諸々検討出来るようになります。

だったら、ケチケチせずに税理士に依頼しよう!!
ということをお考えになる方が多いようです。

昔と違って、一般個人の方でも、
数千万円以上の資産形成が出来るような
時代になってきた、ということですね。

さて、今回は以上です。
次回も「2017年末年始版 最近増加中のお問合せ」
という同テーマで報告していきたいと思います。

税理士をお探しの方は
是非こちらでご相談ください。
税理士紹介ネットワーク~タックスコンシェルジュ~
https://www.tax-concierge.net/

また、次回宜しくお願い致します。
本年の更新は明日で終了です。
来年も宜しくお願い致します。