諜報部長、お世話になっております!経理担当、諜報部員のMです。
引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は、「今どきの経理事情」についてのお話です。
今どきの経理事情




■今どきの経理事情について

みなさん経理ってどんなイメージをお持ちですか?
机に座って請求書や伝票の紙にまみれているイメージってありませんか?
実は・・・はい、その通りです(笑)
請求書などの根拠資料と伝票で机がいっぱいになる時が多いです。

ただ、今の時代、紙だけじゃなくなってます。
データの扱いです。
今の時代いろんな大量のデータが存在します。

例えばネット通販事業。
顧客がサイトに入るルート、どのページでどうしたかなどの情報や、
顧客がいつ購入し、いつ発送されたなど購買に関する情報などいろいろあります。
その中で、必要な情報を選択し抽出する必要があります。

今、ある会社でその設計をしています。
経理で必要な情報のスタートは、顧客が商品を購入した時点から始まります。
(小売の場合ですね。)

販売される商品がいつ倉庫に届き今いくつ残っているのか、という在庫の流れ。
いつ購入したものがいつ発送され、いつ受け取られるのか、という商品の流れ。
いつ購入したものがどの決済方法を選択し、いつ決済をきられ、
いつ会社にお金が入ってくるのか、というお金の流れ。

たくさんあるデータを独自のコードで紐付けして、
一つの流れを作っていく。
それぞれの購入が全て終わるまで。

これをエンジニアさんに頼んで、
紐付けするデータを抽出しやすいシステムを作ってもらいます。
ここで間違ったデータを抽出しちゃうと、会計も間違ってしまう。
そうならないように何度も検証し、
必要とするデータの全てを網羅しているか確認をする。
いろんなバージョンを考えて漏れのないように確認する。

実はこれも経理の仕事。
取引の少ない会社ならデータの数も少ないので
こんな事は必要ないです。

でも、今の世の中はどんな会社でも全世界と繋がれる。
会社の大小に関係なく、大量の取引がうまれることが可能な時代だと思います。
だからこそ、経理もこんなスキルが必要になってきてるんですよね。

意外ですよね(笑)
私も、意外でした・・・。

さて、今週の報告は以上です。
次回、宜しくお願い致します。