諜報部長、お世話になっております!経理担当、諜報部員のMです。
引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は、「領収書の必要性」についてのお話です。

領収書




■領収書の必要性

みなさん会社に経費精算ってされますか?
会社の代わりに何かを買って、その料金を会社に請求するやつです。
働いている会社や部署によって、「よくやるー!」って人と、
「全くないー!」という人がいると思います。
営業さんなどは、交通費などもありますので、
恐らく多分にあると思います。

では、「よくやるー!」というみなさん。
一番面倒な事ってなんですか?
経費申請自体が面倒だとは思いますが(笑)

領収書を申請時までに持っていないといけない
って結構面倒ですよね。
私もたまに経費精算をするのですが、
失くしてしまわないか保管が面倒なんですよね。
内容によっては、領収書がないと精算できない経費もありますし。
私の場合はたまにしかないので、
発生したらその都度申請するようにしていますが、
日々発生するお仕事の場合は難しいですよね。

では、なぜ領収書が必要なのか?
簡潔に言うと、領収書がないと、
会社も経費として認められない」ことがあるからです。

●会計と税務の違い

それってどういうこと?というと、
会社は1年の活動の結果、
出た利益に法人税率を掛けて税金が確定します。
会計の利益と税務の利益は異なります。
税金は税務の利益に対して計算されます。
この領収書がない経費は会計上費用として認められますが、
税務上認められない場合があるのです。

大げさに言うと、会計上は利益が出ていなくても、
税務上は利益が出ている事になり、法人税が発生したりするんですよね。
そうすると、領収書をみなさんが
「無くしたけど会社のために使ったお金だから払って」というだけで、
その経費対象の現金は出て行き、会計の利益は減るのに、
税金が高くなりその分また現金が出てくんですよね。

それ、とても会社に損を生むんです!!
なんで領収書ないとだめなの?面倒!って思うと思いますが、
これからはそんな時この事を思い出してみてください。
会社に利益や現金が無いと、給与やボーナスにも響きますよ(笑)

それでは、今週の報告は以上です。
また、次回宜しくです~