諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は
「契約書回収の要望
についてのお話です。




■経理が話す「契約書回収の要望」

諜報部長は契約書って
ちゃんとまいてますか??
唐突な質問ですね(笑)。

部署やお仕事内容によって
契約書に触れない人もいるかもしれませんね。

では、経理という部署は、
仕事上契約書に触れる機会が
多い部署だと思いますか?
少ない部署だと思いますか?

答えは。。。多いんです!!
意外ですか??

ただ、誰かと締結するというよりも
締結された契約書を読んで、
会計をどうするかを考えるんです。

各事業スキームは責任者の方から
ヒアリングしますが、
契約書の内容と最後合わせて
会計に落とし込みます。

監査法人の先生からも
新しい事業を始めた時に
契約書を求められることが多いです。
だいたい、契約書を見れば
事業の流れが分かりますからね。

ただ、契約書を結ばない人っているんですよ。
そういう人ってだいたい決まってるんですよね。

その理由ってなんだろう??
と管理部の私としては疑問に思いますが、
面倒だからとか、
先方が嫌だと言っているからとか。

でもそうすると、払ったお金が
何のために払われたか分からないので、
税務上費用として認めてもらえず
税金が高くなります。
これ、かなり苦しいですよね。

だからこそ経理としては
「契約書をください」って求めるんですが、
なかなか現場には理解してもらえず。。。

もし、諜報部長の会社で
契約書、契約書ってうるさい人がいれば、
それは、会社のことを考えている
と思ってあげてください!!
そして、優しく接してあげて欲しいです。。。

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!