諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は
「年末のお仕事
についてのお話です。
あくまで、私(と勤める会社)の場合、
という前提のお話ですので、
予めご了承ください。




■経理が話す「年末のお仕事」

皆さん師走らしい12月をお送りでしょうか??

街はクリスマスも終わり、
年末・年始ムード一色ですね〜。
そんな中、私達の会社は
株主総会の準備一色です(笑)

私の勤務先企業は、孫会社まで含めると、
16社の会社があって
各社役員が重複しているので
株主総会のスケジュール調整に必死です。

各社招集通知の準備や、
決議事項の確認、
開催場所の確保など
細々した業務が色々あります。

また、一部の社長は株主総会が何なのか、
何を決議すべきなのか、
残念ながら理解していない人もいて、
その人の為台本を用意してあげて、
読むだけの状態を作ってあげるのも
私たち経理です。

何を決議し、その決議内容の詳細や
金額も一目でわかる資料にまとめます。

・・・はい、これも経理です。

このような業務を経理がするのは
珍しいのかもしれません。
総務や経営管理が行う会社も
あるでしょう。

私の会社は数値面だけではなく
このあたりの業務について
理解しているメンバーが
経理以外におらず、
伝統的に経理が運営しています。
(独自ルールですね)

年末に向けて各社の株主総会を開催し、
母体である親会社の株主総会も
リハーサルを重ね終日準備にかられます。

そこが終われば、もう年末です。
有給使う人も増えて、
業務も年末の支払いのみに
なっていきます。

とはいっても、年明け早々に
四半期決算が始まるので
ゆっくりはしていられないんですけどね(笑)

私の会社の場合は、こんな感じで
年末を迎えようとしています。

もしかすると珍しいかもしれませんが、
ご参考になれば。

では、今週は以上です。
また次回は新年ですね。
良いお年を~