お世話になってます!
諜報部長!諜報部員のDです。
今回も宜しくお願いします!!

さあ、ついに今年も半月。
クリスマスが終わったら、
一気に年末年始ですよ。

さて、本題に入りますと、
今回は「仮想通貨と確定申告」
について報告していきます。




■仮想通貨と確定申告

最近人気となっている仮想通貨ですが、
仮想通貨でも利益が出れば
もちろん確定申告が必要になります。

国税庁のタックスアンサーにも
ビットコインの運用により
利益が生じた場合の課税関係について、
「ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、
このビットコインを使用することで生じた利益は、
所得税の対象となります。
このビットコインを使用することにより
生じる損益(邦貨または外貨との
相対的な関係により認識される損益)は、
事業所得等の各種所得の基因となる行為に
付随して生じる場合を除き、
原則として、雑所得に区分されます。」
とあります。

つまり、個人が仮想通貨によって利益を得た場合、
ほとんどが雑所得に該当するということになります。
サラリーマンのように給与所得がある場合には、
雑所得が20万円以下であれば
確定申告の必要はありません
(ただし、住民税の申告は所得が20万円以下でも必要です)。

では、具体的に仮想通貨に
課税されるタイミングは
いつになるのでしょうか。

それは

  • 仮想通貨を円に交換したとき
  • 仮想通貨でものを買ったとき
  • 仮想通貨を他の仮想通貨と交換したとき

となるようです。

ただし、仮想通貨については、
株やFXと違い、注意しなければ
いけないことがあります。

それは、株などは一つの取引所の中で
取引のすべてが完結するのに対し、
仮想通貨は複数の取引所に媒体が移動します
(ウォレットやデビットカードなど)。

また、株であれば年明けには
年間取引報告書が送られてきて、
自分で利益を計算することは
特に必用ないでしょう。

しかし、仮想通貨は現状自分で利益を計算すること
になっていますので、日ごろからエクセルなどで
管理をしておかないと、
いざ確定申告の時期になったとき
大変なことになってしまいますので、
注意してください。

さて、今回の報告は以上です。
次回も宜しくお願いします!