諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「契約書の後追い」
についてのお話です。




■経理が話す「契約書の後追い」

諜報部長は、会社ではどんな立場で働いてますか?
営業等のフロントや
私たち経理のようなバックエンド等、
所属によってやる事が違うと思います。

ご自身の会社の規模や
相手の会社の規模によって
今回のお話は
「え、そんなの当たり前じゃないの。。。?」
と思うかもしれませんが、
あくまで、一例としてお話します。

●意外に多い話なんです。

会社の最前線、つまりフロントとして
色々なお金を稼いでくる部署の場合、
契約書というのは必ず出てくると思います。

・・・が!!
なにか新しい取引をする時、
諜報部長は、必ず契約書を結んでいますか?

私の会社は・・・
実は、結びきれていないんです。
あまり大きな声では言えませんが・・・

私もそんなに多くの会社で
働いてきたわけではないので、
何が当たり前かは分かりませんが、
取引を行う時、開始する時は
契約書が会社として必要だと思っています。

法務が契約書のチェックを行い、
統制を効かせて契約書締結をしてから
物事が進む。
この手順って重要ですよね。

でも、これってスピードを重視するような
会社だと向いていないのでしょうか。。。

経理に「サービス始めます!」と連絡が来て、
サービスが始まった時に契約書を求めても、
大概結べてないんですよね。

でも、問題無く現場が進んでいるなら
それでいいんじゃないの??

・・・残念ながら、そうはいきません。
契約未締結の状態を放置するとどうなるか。
適切な仕訳がきれないんです。

また、内容によっては、
税務調査が入った時に使途不明金扱いとなり、
最悪のケースとして、費用として認めてもらえない、
つまり、経費に換算されない事もあります。

この費用が高額であれば、
とてももったいない事ですよね。
正直、もったいないでは
済まない金額になる場合もあるかもしれません。

私たち経理としては、そのまま看過できないので、
このような契約書締結完了も経理が追いかけてます。
まぁ、流石にこまごましたものはやらないので、
大きな金額となるものだけですけどね。

他の会社だと、契約書締結を確認するとか
どこの部がやってるんだろうなー
といつも疑問に思ってます。
みんな経理がやってるのかな?
たぶん、違うよね(笑)
と思いながら契約書の確認もしているんです。

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!