諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「現場協力の重要性」
についてのお話です。




■経理が話す「現場協力の重要性」

諜報部長は、経理(の人)って
面倒だなって思った事ありますか?

・・・当然、ありますよね。
経理の私から考えても
「ある」と思います。

「なんで期日にあんなに厳しいの?」
「請求書忘れてたらダメなの?」
「少しくらい何とかならないの?」
みたいに思う事も
あるのではないでしょうか。

●経理が協力をお願いする理由

前の会社でも今の会社でも
経理だった私は、現場の方へ
何度も何度もお願いをした記憶が
あるのが事実です。。。

自分で考えても
口うるさい方かもしれません(笑)

ただ、経理という仕事って
皆さんからの情報をもらわないと
適切な試算表が作れなくて、
投資家や官公庁に発表する報告も
間違ったものになるんです。

だから、みなさんの協力がないと
お仕事できない部署なんです。

●困った会社の事例・・・

先日のお話なんですが・・・
個人的にはかなり衝撃的なことがありました。

とある会社の事業が、どのように
進められているかを理解していないと、
「どの時点」で
「どんな仕訳」が
必要なのか経理として判断できません。

なので、受注からどんな事象が発生し、
それが発生するまでの流れを
教えてもらおうとしたんです。

でも、その会社には、この事象、
つまり「受注~それ以降」を
網羅的に把握している
従業員がいなかったんです。
従業員だけでなく、役員もです。

これはかなり衝撃的でした。
さっきも言った通り、
経理は現場の協力がないと
適切な処理ができません。

その現場が事業を網羅的に
把握していないということは、
イレギュラー処理が多くなったり、
何か起きたら後でどうにかすればいい
という体制だったんです。

こういう組織を作られると、
適切な処理が出来ないんだなーって
とても実感したんです。

その会社の役員は、
事業内で何が起きているのか
どうでもいいんでしょうか。。。
こんなことすら思いました。。。

改めて現場の認識力とその協力がないと
経理というお仕事は成り立たないのだ
と思った時でした。

面倒だなと思うかもしれませんが、
経理が口うるさく言うときは、
(概ね)個人的な理由ではなく、
きちんと仕事しているからなのです。

現場の人たちには、
経理も感謝していると思うので
是非、協力してあげてください!

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!