諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。
さて、今回は「経理が行う新卒・新入社員向けの研修」についてのお話です。




■経理が話す「新卒・新入社員向けの研修」

4月は新卒の新入社員が入社する時期ですね。
私の会社も先日入社式があり新卒の新入社員が入社しました。

なんでしょう・・・新卒って違う空気持って来てくれますよね。
フレッシュ感というんでしょうか。
キラキラ感というんでしょうか。
中途採用者とは違うあの感じ。
もう母のような目で応援してしまいますよね(笑)

そんな新卒の新入社員向けには入社したら行う研修が
各部署から諸々存在します。

●経理が行う研修内容

最初に、費用の申請研修です。
これは中途採用の新入社員にも行います。

前にもお話ししたことがありますが、
私の会社は経費積算を各自がシステムで行います。
なので、その使い方の研修です。

ただ、新卒はその前に経費って簡単に分けると2つあることを説明します。
まず、「会社にお金を払ってくださいね」という経費。
請求書が届いて会社から振り込む時ですね。

もう一つは「私が会社の経費を払ったので、私に払ってください」という経費。
一般的に言うと立替経費ってやつですね。
経理からすると支払う先が異なるので、提出する資料も異なるわけです。

前者は取引先からお金を求められたことを示す請求書が必要です。
後者は支払った事が分かる領収書が必要です。
自分が立て替えて払ったことを示さねばねらないですからね。
この種類を説明したうえで申請の仕方を説明します。

●その他にも教えることがある

他には、数値を見たり使ったりするような部署に配属される新入社員には、
とても簡単にですが簿記を教えます。
簿記3級レベルではありますが、簡単な簿記を研修として行い、
ある程度分かるようになれば決算書の見方も研修して教えます。
読めないと会社に利益なんて取れませんからね。

彼・彼女たちが会社に利益を持って来てくれることが
会社にとってとても素敵なことですからね!

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!