諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「経理だから知り得る会社の兆候」についてのお話です。




■経理が話す「会社の兆候」

みなさんの会社はどんな組織でしょうか?
大きな会社だとたくさんの部、課などたくさん分かれていると思います。
そういった組織で働いていると全営業活動の一部しか見えてこないと思います。

私も営業部にいた時は、自分たちのチームが
予算に対してどれくらい達成しているかどうかしか見えていませんでした。
各チームで予実管理をし、どんどん上層部にいくと
1つの会社の予実ができあがるんだろうなーとなんとなく考えていました。

ですが、経理になると会社の全体結果しか見なくなるので、
色々と見えて来るものが違いました。
もちろん、代表なりからの希望があれば
事業部単位での個別の損益計算書は作りますが。

●経理になると見えてくるもの

何が見えて来るかっていうと、1番わかりやすいのは赤字ですね。

1チームにいた時は、自分たちが赤字でも、会社がある(存続している)って事は
どこかで利益を出していんるでしょって思っていました。
でも、会社全体で赤字が続くってヤバイんです。そう、倒産です。
その状況は誰よりも初めに感じることができてしまうと思います。

ある会社では、一般従業員は知らなかったけど、
一部のお給料が止まったり、一部の取引先の支払いを止めていたりしている事も、
経理担当はわかってしまいます。

この辺って結構ナーバスですよね。
こんな感じでも倒産まではまだまだ先の状態ですが、
従業員が聞いたらびっくりしてしまうかもしれませんよね。
だから(知らざるをえない人以外は)秘密です。

後、そろそろ赤字続きでキャッシュが危ないなーと思った時、
資金繰りを見る必要があります。
簡単にでよければ、貨幣性債権と貨幣性債務といって、
お金になっていく債権債務で余裕資金を考えるのです。

それで、お金の周りが大変って思うと、どうしようか動き出す。
この辺りも1番初めにこそっと分析を始めるのは経理です。

よく聞きませんか?
「経理が一気に辞めた時はヤバイ時」と。

●数字以外でもわかること

あと、これは経理ってより管理部かもしれませんが、
臨時取締役会を開く時。

外部の取締役もわざわざ来て開くってそうとうな事項が多いんです。
まぁ、単純に急を要するだけというのもありますが、
「なんだなんだ」と社内はざわつきます。
で、取締役会終了後、すぐに何を決議しているのか見ることができます。

ある意味このようなものは仕事上仕方ないことだと思います。
聞きたくない情報もありますが、特権と思って仕事しています。

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!