諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。
引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「経理が受ける営業」についてのお話です。




■経理が話す「営業を受けるもの」

経理って、いつも机で書類やパソコンに向かってる!
というイメージの人が多いんじゃないでしょうか?
まぁ、間違ってはいないと思います(笑)

このイメージのせいか、普段経理って外部の人と繋がりが
無いように思われるんです。
でも、意外に繋がりもあれば、営業も受けるんですよ。

私もこの対応をするようになったのは、今の会社で初めてなのでとても意外でした。
「経理も営業受けるんだー」って自分でも思ったくらいなので(笑)

●一番多く受ける営業

よくあるのが、銀行の新規取引開設の営業ですね。
全く取引のない銀行さんが突撃訪問されたり、アポの電話が来ることもあります。
まずは「口座開設しませんかー?」って感じですね。

でも、私達経理から言わせると、
口座が増えると管理や監査など面倒な事が増えるんです。
だから、作りたくないので断ります。。。

他には、既存の銀行からも借入のお願いや
取引を「うちの銀行メインにして」と営業されます。
為替予約などもそうですね。
銀行さんから営業を受けると、銀行って色んな業務をしてるんだな
って気付かされますね。

●その次は??

この次に多いのが、会計システムの営業ですね。
たまにですが、営業されますね。

ただ、今私が勤めている会社は様々な形態の子会社の会計をしています。
いろんなシステムと連携させる必要があったり、
事業内容が異なるので同じ事象でも勘定科目が違ったり、
通貨も日本円以外にいろいろあったり。。。

いろんな会計システムがあるんですが、
これ全てを叶えようとすると、お金が高いものになってしまうんです。
あまり現実的な費用に落ち着かないのです。
なので、結果として契約になった事はないですね。

他にも様々な営業を受ける事があります。
思ったより経理はいろんな人と関わりがあるんですよ。

ちょっと意外性を感じてもらえると嬉しいです。

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!