諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回も前回に引き続き、
監査法人が嫌がること」についてのお話です。

監査法人が嫌がること

■監査法人が嫌がること②

さてさて前回は、監査法人とのやりとりで、監査法人の人たちに
嫌われることについてお話をさせて頂きました。

今回は(も?)、その続きです。まだまだ嫌がることってあるんです。
あ、もちろん、嫌がることを率先してやるような性格の悪い女じゃありませんよ~(笑)

●判断を求めることは嫌がられる

監査法人に判断を求める事はとても嫌がられます。
当然といえば当然なんですが。。 笑

新しい取り組みをした際や、今まで重要性が低く
ちゃんと見られていなかった会計処理が違うんじゃないかとか、
色々と会計処理について検討する機会はたくさんあります。

伸びに伸びてる成長期の会社だと、
新しい取り組みだらけで会計処理の検討に時間がかかり、
時間が足りなくなります。

考えるって一番時間がかかりますからね。

そんな時、監査法人に「どうしたら正解ですか?」
と答えを委ねられるのはとても嫌がられます。

彼らは私たちが行った会計処理が適切かを監査する人です。
だから、確かに立場上それを聞かれるのは・・・
って事なんだと思います。

ただ、これが適切と思って進めて、
子会社の数値を締め、他の子会社と連結税金計算した後で
「これ、違いますね」と言われたら全てやり直し。

他の子会社にも影響額が出るわ、
締まるの遅いわ、
税理士先生に税金再計算してもらわなきゃいけないわ、
大変なんです。

なので、先に会計処理について
すり合わせをしておきたいのが私達の気持ちです。

ただ、その時に会計基準が曖昧だったり複雑なことをしていたりすると、
私達一般社員では判断できず、上司も分からないことってよくあるんです。

だから、先生に聞きたくなるんですけど、嫌われます(笑)
これに関しては、嫌われるの覚悟で聞きますが(笑)

嫌われすぎると協力してもらえないから、
気をつけて仕事しないといけないですね。

では、今週は以上です。また次週宜しくお願いします!