諜報部長、お世話になっております!
経理担当、諜報部員のMです。

引き続き、今週も宜しくお願い致します。

さて、今回は「経理が退職するとき」についてのお話です。
前回は「経理のやりがい、報われるとき」の話でしたが、
まあ、それでも退職する人はいるわけで・・・
ということで、宜しくお願いします。

経理が退職するとき




■経理が退職するとき

みなさん、退職する時って大変ですか?
一般的に退職する時は1ヶ月前に退職の意思を伝えますよね。
私の会社の規定でも1ヶ月前となってます。

ですが、私の会社の経理はほぼみんな半年程かけて辞めています。
私の前任は1年でした。。。

その原因は、辞める意思を伝えてから次の担当の採用を始めます。
で、そこから採用されて引き継ぎ・・・
だから時間がかかるんですよね。
優しい人が多いだけなのかもしれませんが(笑)

私も前の会社を辞める時は、
転職活動の前から黙々とマニュアルを作っていました。
新しい人の入社を待たなくてもいいように、と思ったので。

でも、それだけでも厳しい会社もあるんですよね。
複雑なスキームの会社だったり、複数の事業を行っていたりする会社だったりすると、
難しいことも多いんです。

新しい担当が理解するまでに時間がかかるだけではなく、
理解が足りないが故に会計処理が間違えてしまうと
開示した数値に修正が入る必要がでてしまったりします。

そんなことが起きると会社として株主に悪い印象を持たれてしまうので、
避けなければならない。
そのためにも、マニュアルだけではなく、
ちゃんと引き継ぎをする必要があるのです。

だから半年も前から言わないと、ちゃんと引き継ぎが出来ないんですよね。
引き継ぎを必要とするお仕事だとみなさん同じですよね。

普段からスムーズに退職できる組織づくりを
しなければならないんですよね。

では、今週は以上です。
また次週宜しくお願いします!